来場予約 これが私の決めた理由 ご契約者様がMID BASEを選んだ決め手はこちらから

COMFORT

Safty_安心構造

免震タワーレジデンス

家族の笑顔を守り続けるための安心構造。

いつまでも安心して住みつづけられるよう、建物の強度や耐震性から耐久性、断熱性、遮音性に至るまで高基準を追求。特に地震に対しては、免震構造を採用することで、建物への被害や、住戸への揺れの影響を軽減できる建物を目指しました。

安心の構造躯体を実現する鹿島の免震タワーレジデンス。

「横浜MIDベース タワーレジデンス」では、地震時における建物への揺れの影響を軽減できる免震構造を採用。垂直方向には固く、水平方向には柔らかい、鉛プラグ挿入型積層ゴムと弾性すべり支承の免震装置を組み合わせて基礎の上に設置することで建物全体と地震動との共振を避けています。

免震ゴム概念図、すべり支承概念図
免震建築物 地震時に免震装置が地震の揺れを吸収することで建物に地震の揺れの影響を軽減します。
鹿島HiRC工法とダブルチューブ架構が安心で快適な居住空間を実現。

高強度コンクリートと高強度鉄筋を効果的に使用する「Hi RC工法」。建物の外周部と内周部の柱と梁によって構成される「ダブルチューブ架構」。更に免震を組み合わせることで、高い構造安全性を確保するとともに、自由度の高い居住空間を実現します。

一般的な分譲マンション(純ラーメン架構概念図)>横浜MIDベース タワーレジデンス(概ダブルチューブ架構念図)
剛強な構造躯体と、万一の際も安心の災害対策。

建物の構造躯体の中でも特に重要な土台となるのが基礎です。本計画地は堅固な地盤に恵まれており、その地盤を活かして建物を安定させる直接基礎形式を採用。※1 躯体を構成する鉄筋コンクリート自体も、高強度コンクリートと高強度鉄筋を組み合わせることで、より強靭にしました。また、万一の災害時に備えた対策も重視。ライフラインが途絶えた際に避難生活をサポートする、非常用発電設備、かまどベンチ、マンホールトイレ、防災倉庫などを装備。マンション入居者だけでなく、地域住民の方々も含めた災害対策に貢献します。※1.一部杭基礎を採用

Structure

堅固な地盤と優れた直接基礎構造

剛強な地盤に直に建物を面で支える「直接基礎」を採用。一部杭基礎を採用しています。

概念図
高強度コンクリート・高強度鉄筋

柱には、最大60N/mm2の高強度コンクリートを、鉄筋には最大490N/mm2の高強度異形棒鋼(主筋)、最大785N/mm2の高強度せん断補強筋を採用し、建物に強度と粘りを与えています。※外構等に使用しているコンクリートは除きます。

概念図
外壁・戸境壁

外壁は約100mmのALC板とするとともに、約12. 5mm 厚のプラスターボード貼りとして遮音性に配慮。外壁だけでなく、梁・天井・床の折り返し部分には外壁内面から約450mmの範囲で断熱を施しています。また、万一、火災が発生した際にも隣戸への延焼を防ぐために、各住戸間の戸境壁には、耐火性能を備えた乾式耐火遮音間仕切り壁を採用。遮音性を高めるために、約150mmの厚さを確保しています。

概念図

Disater prevention

  • 地域コミュニティ広場

    地域に開けた街の防災拠点にもなる地域コミュニティ広場。

  • 太陽光発電による電源確保

    屋上に太陽光発電パネルを設置。非常時(晴天時)の電力確保にも貢献します。

  • 防災倉庫

    災害時の食料等を保管しておくスペースを各階に確保します。※備蓄品は含まれません。

  • マンホールトイレ

    災害時にマンホールの上に設置して仮設トイレとして利用できます。※テント・トイレセットは備品です。

  • かまどベンチ

    災害時に座板を外せば、かまどとして使用できるベンチを設置します。

  • スプリンクラー

    万一の火災に備えて、すべての住戸にスプリンクラーを設置しています。

  • 耐震ラッチ(キッチン吊扉)

    大きな地震の際に、扉が開いて収納物が落下するのを防止する耐震ラッチを採用。

  • 耐震型玄関ドア枠

    地震による玄関ドア枠の変形を防止するために、耐震仕様の玄関ドア枠を採用。

  • 非常用発電設備

    災害時の停電時に備えて、防火設備等の電源として機能します。

Smart_スマートデザイン

環境、防災、健康、経済的、あらゆる観点から品質を追求したスマートデザイン。

住まう方の生活向上も含めた社会貢献の視点から、さまざまな取り組みを実施。環境対策にこだわり、省エネルギー計画やスマートマンション計画などを導入。また、永く快適に暮らせる住まいとして長期優良住宅の認定も取得します。

CASBEE横浜 Aランクとなりました

「CASBEE 横浜」とは横浜市の地域特性や諸制度などを踏まえ、建築物の環境性能や環境負荷を軽減する取り組みを5段階で表示するシステムです。「横浜MIDベース タワーレジデンス」は自己評価の結果Aランクとなりました。

スマート掲示板※1

マンションの情報案内をスマートに。マンション生活の基本情報や管理情報等を表示する掲示板をエントランスホールに設置。緊急時には災害情報を表示し、平常時は、電気発電量や管理組合からのお知らせを閲覧できます。

共用部・専有部オールLED照明

「横浜MIDベース タワーレジデンス」では共用部、専有部における照明を長寿命のLED照明としました。

ハイブリッド外灯

風力と太陽光発電併用式の外灯(一部)を設置し、節電を図ります。LED光源のため高効率で長寿命です。

ハイブリッド外灯

エネルギーの見える化

住戸内の分電盤に計測器を設置し、予め設定した回路の電力の計測を行います。また、住戸で使用した水量やガス量を計測し、使用量を電気と合わせて表示します。
※パソコン等の表示機器が必要となります。

電気料金メニュー見直しで削減の可能性がある23%の世帯内での平均削減額
          11,497円/年
          <ベストプランナビ 検証概要>
          ・対象:me-eco利用世帯(n=194) ・対象データ期間:各世帯直近1年間分ベストプランナビのトライアルして、
          me-eco利用世帯の電力使用データをもとに分析を実施。
          結果、多くの世帯で電気代の節約につながることがわかりました。

※ファミリーネットジャパン調べ

イメージイラスト

長期優良住宅認定

長期優良住宅とは、永く快適に暮らせる住まいの普及を目指して制定された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいて認定される住宅。「横浜MIDベース タワーレジデンス」では長期優良住宅の認定を受けられる高基準の仕様を計画しています。

※税制については税務署、税理士へご確認ください。平成27年10月現在の情報であり、変更の可能性がございます。

Planning _住空間計画

当社施工例

生涯を高い満足感に包まれて暮らせる住空間計画。

理想の住まいに近づける、豊富なプランバリエーション。いつも明るく開放的なワイドスパン設計。将来性を見据えた充実の収納スペース。間取り変更がしやすいスケルトン・インフィル。すべて、長期的に満足できる住空間をお届けするために。

全18タイプ・61バリエーション
                ホテルライクな内廊下設計
                最大12m超のワイドスパン
                間取り変更の自由度の高いSI(スケルトン・インフィル)
基準階平面図
            ※眺望については階数や周辺建物により見え方が異なる場合がございます。

内廊下設計

各階のエレベーターホールから住戸に続く廊下は、ホテルを思わせる落ち着いた内廊下。各住戸の窓が内廊下側にないため、プライバシーも保たれます。

SI(スケルトンインフィル)

将来の間取り変更の自由度の高いスケルトンインフィルを実現。

構造図

二重床・二重天井

スラブ厚は280~320mm(ボイド含む)。さらに、遮音性に優れ、将来のメンテナンスやリフォームも容易にする二重床・二重天井としています。

構造図

確かな性能を持つ機械式鉄筋継手

コンクリートに組み込まれる鉄筋は、建築現場でつなぎ合わせ、組み上げていきます。太径の鉄筋を柱・梁などの各部材に使用していますが、 地上階の柱・大梁主筋には作業時の天候などに影響を受けず、確実に安定した性能が得られる機械式継手(A級継手)を用いて鉄筋をつないでいます。

参考写真

住宅性能評価書を取得

国土交通大臣の登録を受けた第三者機関が、マンションの性能・品質を客観的に評価する制度で、 設計時の住宅性能評価書を取得済。建物完成時の住宅性能評価書を取得する予定です。評価結果が等級や数値で示されるので、 建物の性能を客観的に確認することができます。

「設計住宅性能評価書」

家族みんなが歓び合える住空間計画。

全ての住戸で綴られる暮らしが豊かであるために、1邸1邸熟慮を巡らせて設計。
広やかで開放感に包まれた暮らしと、公社だからこその安心快適空間にこだわりました。

構造図

W I C : ウォークインクロゼット S I C : シューズインクローク
※掲載の間取りは計画段階のものであり、今後変更になる場合がございます。

家族が集うリビング・ダイニングは床暖房を完備。
全住戸のキッチンにディスポーザーを搭載。
間取り変更の自由度の高い

居室に梁が少ないフラットな躯体空間に加えて、二重床・二重天井構造の採用と、共用給排水堅管を住戸の外に出した設計により、将来の間取り変更の自由度の高いSI(スケルトン・インフィル)を実現しました。

Universal _公社の標準設備画

全ての世代の方に優しくあるために。

人感センサー付玄関照明

人の動きを感知すると、自動的に点灯。帰宅時に照明スイッチを探す煩わしさも解消します。

マグネットコンセント

コンセントの着脱が容易にでき、コードに足を引っ掛けて転倒するなどの事故も防止できます。

保安灯

停電時には自動点灯し、また取り外して懐中電灯としてもお使いいただけます。

トイレ出入口幅約75cm

車椅子の方でも出入りがしやすいよう、広々としたスペースの確保に努めています。

バスコール・トイレコール

警報で住戸内の家族に緊急事態発生を知らせる非常ボタンを浴室とトイレに設けています。

ユニバーサル仕様の高さ設定

楽な姿勢でON/OFFやコンセントの抜き差しができるよう、操作しやすい高さに設けています。

指挟み防止窓

指を挟むことのないよう、窓には指挟み防止機能を備えています。

フラットフロア

居室と廊下、水まわりの段差をなくし、つまずきなどによる転倒を未然に防止します。

手すり&手すり取付下地

手すりを住戸の要所に設けたほか、各居室、廊下、洗面室には専用の下地を設けています。

折りたたみスツール

玄関で靴を履いたり脱いだりするときに腰かけられる椅子を設置。

全熱交換器と24時間小風量換気システム

強制同時給排気型レンジフードに加えて、室内にいつも新鮮な空気を取り込む24時間小風量換気システム、冷暖房の省エネルギー化に貢献する全熱交換器システムを採用しています。

全熱交換器と24時間小風量換気システム